京都の工務店を徹底比較!こだわりの一軒家を建てたい方へ
京都の工務店を徹底比較!こだわりの一軒家を建てたい方へ
HOME >

京都の工務店を徹底比較!
こだわりの一軒家を建てたい方へ

はじめまして。私はもともとは他の地域に住んでいたんですが、転勤で京都に引っ越して数年経ち、そのまま京都に住み続けることにしました。私はこだわるところはとことんこだわり、自分が納得しないと前に進められないタイプなんです。
そんな私が自分や家族の生活様式に合わせた家づくりを検討していたところ、京都で地域密着で家を建てている素晴らしい工務店に出会うことができました。このサイトでは、その時に知ったことや考えたこと、調べてみたことなどをまとめてみましたので、参考にしていただけると嬉しいです。

京都の地域性と特徴

まず、京都に住むにあたって気になるのは京都ならではの地域性や住みやすさです。ここでは、私が実際に住んで感じた京都の特徴についてお伝えしていきます。

歴史の中心として栄えてきた「古都」

11の区から構成されている都市、京都には多くの歴史的建造物や寺社仏閣があります。歴史の教科書に載っているような歴史的な建物が身近にあったり、京都ならではの文化も日常生活のなかで感じられます。

観光地ならでは!街の美しさと治安の良さ

日本有数の観光都市である京都。1年を通して外国からの観光客や修学旅行客などで賑わっています。行政も観光都市としての整備に力を入れているため警察の巡回が多く、自転車などの取り締まりも日常的に行われています。そのため、放置自転車や不法投棄されたゴミを見かけることが少なく街がキレイな状態である上、治安も良いので安心です。

交通アクセスが良い

近代的なデザインが特徴の京都駅からは、大阪や東京へのアクセスも抜群。また、京都市内の公共交通機関も充実しているため、車がなくても不便を感じずに生活ができますし、中心部はバスの交通量も多いので利便性が高いといえます。ただ、観光シーズンは観光客で混雑するため、バスのダイヤが乱れることもあり、時間に余裕をもつなどの注意が必要になります。

盆地特有の気候

山に囲まれた盆地という地形柄、京都の夏は蒸し暑く、冬は厳しい寒さが訪れます。特に冬は積雪も多く、刺すような寒さが身にしみますので、防寒対策は万全にしておくことをおすすめします。

子育てしやすい環境

自然とほど良く調和された美しい街並みや治安の良さ、多くの商業施設や医療施設が揃っている利便性の良さなどから、京都は子育てしやすい環境といえます。京都は小学校受験や中学受験をする教育熱心な世帯が多いので、子供の教育環境からみても安心なのではないでしょうか。

おしゃれなカフェやパン屋さんが多い!

京都というと、「和食」のイメージが強いですが、意外にもパンの消費量が日本一という側面があり、市内には美味しいパン屋さんがたくさんあります。おしゃれカフェやエスニック料理のお店も多いので、散策するのが楽しみになりますよ。

京都の土地代

京都の土地代について、ここでは人気のエリアを中心に坪単価平均(2018年公示地価)の価格をご紹介していきます。

市区町村 坪単価平均 28坪の土地を購入した場合の価格
(※建物代は別)
京都市北区 81万4036円/坪 約2,300万円
京都市西京区 70万5667円/坪 約2,000万円
京都市中京区 413万7825円/坪 約1億1,600万円
京都市下京区 361万2278円/坪 約1億110万円
長岡京市 63万661円/坪 約1,800万円

同じ京都でも、金額に大きな幅が出ていることがわかると思います。これらの金額にプラスして建物代も加わりますので、ご自身の予算を考えて京都のどこに住むのか良いか、検討してみていただければと思います。

※参考として載せた28坪の土地は、平均的な親子4人世帯でリビング・ダイニングが12畳、夫婦の寝室6~8畳、子供部屋6畳×2部屋のモデルケースを想定しています。

工務店で家を建てるメリット

京都でこだわりの一軒家を建てたいと思ったとき、私が選んだのが「工務店で家を建てる」という選択でした。ここでは私が実感した、工務店で家を建てるメリットについてご紹介していきます。

コストパフォーマンスが良い

工務店は地域密着型の会社が多く、広告宣伝費用や販売促進費用、展示場経費などに多額の経費をかけていないため、建築費用の総工費を抑えられるというメリットがあります。また、見積書の内容が詳細でわかりやすいともいわれています。

設計プランの自由度が高い

ハウスメーカーでも自由設計型のプランはありますが、間取りはある程度のパターンから決めるものであったり、使用する資材もハウスメーカーが用意したいくつかの種類から選ぶケースが多く、設計の自由度は低いといえます。一方、工務店では法令や予算以外に施工上の制約が多くないため、希望する間取りを決められたり、好きな資材を使うことができるなど、施主の希望に叶った家を建てることができます。

品質の高さ

地域密着型の産業である工務店は、大々的な広告によって仕事を請け負っていることは少なく、多くは地元の口コミ紹介がメイン。いいかげんな仕事をして地元で評判が悪くなることは、イコール仕事を失うことを意味します。そのため、多くの工務店は家づくりに対して独自の強いこだわりを持ち、品質の高い家を建てています。

コミュニケーションが取りやすい

工務店で家を建てる際は、最初の受付から家の設計、施工、引き渡しからアフターサービスまでひとりの担当者(主に社長)が行うケースが多いため、コミュニケーションがとりやすく自分の家に対する希望を伝えやすいといわれています。(※営業、設計、工務とそれぞれ担当が分かれている工務店もあります)

工務店の方がハウスメーカーより安い?

坪単価については一般的に工務店の方が安いです。

ハウスメーカーは大量生産によるコストダウンを実現していますが、それに伴って莫大な広告費用や人件費が発生しています。それらがすべて乗るかたちになるため、工務店より費用がかかります。

一般の工務店は、ハウスメーカーに比べて人件費や広告費用がかからないため、安く家を建てることができます。

ハウスメーカーも費用がピンきりなため一概に比べることができませんが、工務店のほうが安いことが多いです。


工務店とハウスメーカーの詳しい違いについてはコチラ

ここからは、京都で家を建てることを検討している人へ、私がおすすめする工務店を5社に絞ってご紹介していきます。特徴や強みなどポイントをまとめて記載しましたので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

ゼン・コーポレーション

口コミ満足度 ★★★★☆
提案力・デザイン力 ★★★★★
接客対応力 ★★★★★
仕上がりの質 ★★★★★
コストパフォーマンス ★★★★☆
イベント 完成見学会、住まいの見学会
ゼン・コーポレーションの特徴や強み

予算に応じたオーダーメイドの家づくりが可能です。施主の希望のさらに一歩先を考え、気付かなかった点まで気付かせてくれる提案力に強みを持っています。住んだ後に数十年経っても高い満足度の得られる家づくりを目指しています。

ゼン・コーポレーションの口コミや評判

・私たち夫婦は自分たちの希望が叶うのが理想の家づくりだと考えていましたが、ゼン・コーポレーションさんはまさにそれを実現してくれました。正直驚いていて、京都で一戸建てを検討中の知り合いが居たら真っ先に紹介しています。

・契約する前だけでなくその後に関しても、とても人間味のある対応だなと思いました。説明もわかりやすく、施工に関してもとても丁寧に仕上げてもらえました。実は後で知ったんですが、大工さんはほとんど中途採用を行っていないようです。「技術は後からついてくるから、それよりもお客さんのことを真剣に考えられる人を採りたい」とのことでした。すべて納得です。ゼンコーポレーションさんにお願いして本当に良かったと思います。

LIV

口コミ満足度 ★★★★☆
提案力・デザイン力 ★★★★★
接客対応力 ★★★★☆
仕上がりの質 ★★★★★
コストパフォーマンス ★★★★☆
イベント リノベーションエキスポ、賢い家づくりセミナー
LIVの特徴や強み

施主の希望を十分に引き出すことでアイデアをより具体的に形にするために、他の業者よりも打ち合わせに時間をかけている点が特徴です。標準仕様の段階で高機能かつ高品質です。住む人の快適さを追求した家を提案しています。

LIVの口コミや評判

・他の業者と違って、提案の時間よりも質問される時間の方が長かった印象があります。こちらの希望を深く聞いてくださり、時には自分でも気づかなかった点や見落としていた点まで聞いてくれて、おかげで提案してもらった内容ですぐに決めることができました。

・住んで1年近く経とうとしていますが、快適に生活できていると思いますよ。予算が限られていたので妥協した部分もありましたが、それ以外の面では概ね満足です。施工も丁寧だったので不備やトラブルなども今のところありません。

一級建築士事務所 KEIJI

口コミ満足度 ★★★★☆
提案力・デザイン力 ★★★★★
接客対応力 ★★★★☆
仕上がりの質 ★★★★★
コストパフォーマンス ★★★☆☆
イベント OB様宅見学会、構造見学会、フードコーディネートのワークショップ
一級建築士事務所 KEIJIの特徴や強み

社長が大工を兼ね、そこに一級建築士のサポートが加わる少数精鋭のプロ集団です。風や光など自然の力を最大限に活かせる設計を得意とし、消費するエネルギーよりも創るエネルギーの方が多い「ZEH」普及に努めています。

一級建築士事務所 KEIJIの口コミや評判

・私が取得した土地の形はいびつだったので建てられる家にはいろいろと制約がかかることは覚悟していたのですが、KEIJIさんに相談したところ土地の形状を逆手に取った素晴らしい提案をしていただけました。

・打ち合わせの段階で設計のスタッフさんなどに同席いただいたおかげで、早い段階から具体的なイメージが持てる提案をしていただけたと思います。お願いして良かったです。

アトリエSumika

口コミ満足度 ★★★★☆
提案力・デザイン力 ★★★☆☆
接客対応力 ★★★★☆
仕上がりの質 ★★★★★
コストパフォーマンス ★★★★☆
イベント 住宅ローンセミナー、完成見学会
アトリエSumikaの特徴や強み

細かい要望にも柔軟に応えてくれる提案力と対応力を持ち、基本的には建築費用が2000万円に収まるようローコスト住宅を目指すだけでなく、かつハイクオリティな家づくりを得意としています。

アトリエSumikaの口コミや評判

・はじめに聞いていた通り、打ち合わせにはとても時間がかかりました。ただ、それだけ自分の理想としていた設備とデザインを取り入れられた家を手に入れることができて本当に満足しています。

スタッフの方々がとても話しやすく、なんでも相談させてもらいました。特にお金の話ってなかなか言い出しにくいんですが、これに関しても親身になって聞いてくれたおかげで素直に意見を出すことができました。

garDEN

口コミ満足度 ★★★★☆
提案力・デザイン力 ★★★☆☆
接客対応力 ★★★★☆
仕上がりの質 ★★★★★
コストパフォーマンス ★★★☆☆
イベント 完成見学会、モデルハウス見学
garDENの特徴や強み

複雑なデータをもとに、風の流れや採光などを細かく計算した設計を行っています。パッシブデザインを導入しており、1年を通して冷暖房に頼りすぎずに快適な生活を送れる家を提案します。京都ならではの狭小住宅の設計も得意です。

garDENの口コミや評判

・家は一生で一番高い買い物なので後悔しないことが一番だと思いました。その上でgarDENさんにお願いしたのは、スタッフさんの温かみのある対応力でした。

・パッシブデザインというのが気に入りお願いすることに。実際に住んでみて、1年を通して本当に快適に過ごせていると思いますよ。冷暖房費も少し負担が軽くなったと思います。

管理人が「ゼン・コーポレーション」をおすすめする理由

私がいくつかの業者を比較して最終的に決めたのは「ゼン・コーポレーション」でした。こだわりの強い私の希望が叶うよう考えてくれて、さらに私が気づかなかった点も指摘してくれたのですが、そのおかげでもともとイメージしていた家よりもさらに良い提案をしてくれました。

例えば、窓の配置や天井高についてです。窓はその高さや大きさによって、日の入り方や風通しが大きく変わります。私のような素人は、図面上ではイメージができないため、最適な窓の大きさや位置を提案できる設計士さんが、いろいろとアドバイスをくれて助かりました。
天井高についても同様です。今は某大手ハウスメーカーのCMで「天井が高くていいね」なんていうフレーズを連呼しているため、高ければ良いと思いがちですが、実はそうでもないことを教えてくれました。
全ての部屋の天井を高くして家を建てると、人の目線というのは相対的にモノをみるため、あまり開放感を感じ取れなくなるそうです。あえて低い天井から高い天井へと、変化をつけることで、広がった空間に開放感を感じられるんだそうです。
素人の私の希望を鵜呑みにするのではなく、優秀な設計士さんがきちんと軌道修正してくれるゼン・コーポレーションさんに任せて、本当に良かったと思いました。
また、他の業者よりも低予算で建てられることが分かったのも選んだ理由の一つです。莫大な広告費をかけておらず、口コミがメインの地元密着型工務店さんなので、安心して家づくりをおまかせできます。

京都でこだわりの家を建てるときの注意点

京都の風景

京都では、自分の好きなデザインの家を必ず建てられるわけではありません。
景観条例(けいかんじょうれい)というものがあり、一部規制があることをご存知でしょうか?
京都は全国でも独特の町で、吉野家のオレンジ色の看板が京都では白く、マツモトキヨシの黄色い看板も白かったり有名チェーン店が京都仕様の看板をぶら下げています。

これは景観条例で、京都のイメージにふさわしいデザインにするように指導を受けているためです。

景観条例とは、良好な都市景観をつくり、守っていきましょうという条例です。

1968年に金沢市で始まった「伝統環境保存条例」が最初とされています。
そして、2007年に京都でも景観条例が制定されました。

京都の景観条例は日本でもっとも厳しい内容となっています

京都といえば、世界遺産や歴史的な建物が多く存在していて外国からの観光客も多い世界有数の観光地です。
これら歴史的資産は所有者や地元の人々によって、長年守られてきました。
しかし、近年都市化などで京都の景観が失われつつあります

この素晴らしい景観を、将来にしっかりと引き継いでいきましょうということで条例は制定されました。

内容としては、屋根の形、色、材質、壁の色などに細かい規制があります。
銀閣寺などの観光名所周辺はより厳しくなっています。

京都市を地域のそれぞれの特性ごとに21の区域に分け、それぞれの区域ごとに規制内容が異なっています。

どういったものがあるかというと、例えば「歴史的町並み地区」では、「屋根材は日本瓦、金属板とする」や「特定勾配屋根(とくていこうばい)とする」や「屋根以外の色は歴史的町並みと調和する色」のように決められています。

ちなみに「歴史的町並みと調和する色」は以下のように説明されています。

木,漆喰(しっくい),日本瓦,土塗壁(つちぬりかべ)等の自然素材が有するYR(黄赤),Y(黄),N(無彩色)系の色相で,低彩度かつ中明度の色彩を基本とし,低明度のN(無彩色)系を除く。

このように複雑でとても細かい内容になっています。

また、建物の高さも厳しく、京都市内では五重塔以上の高さの建物を建てることもできません。
五重塔は高さ約60メートルでおおよそ20階建ての高さになります。

そのため、京都市内にタワーマンションが建つことはありません。

基本的に京都のイメージ=和風なつくりになりますが、和風の建物は費用がかかります
ここで注意したいのが、安さを売りにしている業者にお願いすると安っぽいつくりになってしまう恐れがあります。
京都で一戸建てを建てるときには、とても複雑な内容になるため、京都での施工が慣れていて、かつ親身に接してくれる工務店にお任せすることがおすすめです。

京都では厳しい規制によって、個性あふれる奇抜な家を建てることができませんが、景観条例によって京都の美しい街の雰囲気の中で生活できることは京都が好きな方にとっては安心ですね。

公開日:
最終更新日:2019/04/12

運営者情報
Copyright © 2017 京都の工務店を徹底比較!こだわりの一軒家を建てたい方へ, all rights reserved.